ハンドワイパーで水玉跡を残さない

ハンドワイパーで水玉跡を残さない

綺麗に洗車したはずのに、後から良く見ると何だかボディー一面に水滴の跡が。そんな経験ありませんか?拭き残しは洗車の敵ですが、実は中々これが手強い。乾いた大きなバスタオルを用意しても、拭いてるうちにタオルが濡れて来て、吸った水をまたボディーに広げてしまってるんですよね。絞って水が出てくるほどなら当然ですが、そこまで濡れて無いと思っていても細かな水玉跡ができてしまうことは良くあります。

 

そこでお勧めなのがハンドワイパー。コイン洗車場などではそんなに使っている人を見かけませんが、このアイテム、ガソリンスタンドとかレンタカー店とか洗車が仕事になっている場所では必ずと言って良いほど使ってます。

 

洗車の最後に水でボディーを流した後、拭き作業に入る前にハンドワイパーでボディーに付いた水滴をばばばっと落として周ります。それからタオルを使えば十分に吸収し切れる程度の拭き上げになるので、水玉跡も残らずすっきりです。もしも洗車がいまいちしっかり出来ていない部分があったりするとワイパーをかけた際に汚れた水滴が溜まってくるので、洗い残しのチェックにもなります。もちろん、ワイパー自体をあらかじめ綺麗にしておく事も忘れずに。

 

ハンドワイパーは、例えば真冬にフロントガラスが凍り付いてしまった時にも重宝しますし、取っ手が小さめのものならグローボックスに収まるサイズも売っていますので、一本常備しておくと色々便利だと思います。